ブレインファーム
ブレインファーム

まちの資産の活用支援

公共施設のあり方検討や空家利活用など、
住民の生活スタイルや『自分たち』のまちへの想いを反映した
活用方法の検討を支援します。

ブレインファーム

人口減少社会を迎え、まちのサイズに合わせた公共施設の規模
あり方を再度見つめなおし、次の世代も快適に住み続けられ
社会(まち)の構築が不可欠です。
公共施設をはじめとする公的不動産(PRE)や商店街、廃校はも
ちろん、増え続ける空家も地域の貴重な資産ととらえ、住民の
生活スタイルやまちへの想いに配慮した活用の“半歩先”のお手
伝いを、地域と同じ目線で行います。
 

公共施設の多くは、そのまちの核となる資産です。利用する地域の
人口そのものが減少しているため、再配置や規模の見直しなどを行い、
将来にわたって住み続けられる、持続可能なまちを次世代に引き継いで
いかなければなりません。
 
まちの資産は公共施設や商店街だけではなく、活用次第では地域の
中心となり得るポテンシャルを秘めています。また、資産には廃校
や空家などあらゆる遊休不動産も含まれます。
持続可能性の観点に基づいて一つひとつのまちの資産のあり方、活
かし方について具体的にどんな機能、使われ方が望まれているのか、
アンケートやワークショップなどを駆使し、住民とコミュニケーショ
ンをとりつつ施設の規模や機能を検討することが必要です。
 
ハードだけではなく、『住民にとって本当に必要となる機能』という
ソフトの視点で住民を巻き込み活用の方向性を検討する。
そんな施設機能を重視し、シビックプライドの醸成・住民の想いをか
たちにする施設づくり・まちづくりに向けたコンサルティングに取り
組んでいます。
 
 

主な業務実績

PREの民間活用に関する各種調査およびアドバイザリー業務
◇学校・公民館等の施設統廃合や利活用にかかる各種調査
 および計画策定支援業務
◇商店街再生計画策定支援業務
◇空家流通および利活用方策の検討業務